アルバイトなら申し込むカードローンの比較検討が特に大切

安易でカードローンは借りずにしっかりとした計画を立ててから

当初、私にはほとんど知識が無い状態だったので「有名な所が良いのだろう」と安易な認識を持っていました。実際、調べ始めた時には大手の消費者金融のみを調べている状況でしたが、少しずつ知識が増えていくことで自分の認識が正しいものではなかったという事を理解することが出来ました。 まず、大手か中小かと言う部分における違いとしては、市場シェアがあるかどうかと言うものだという事を知りました。要するに、市場シェアが広ければ利用者、もしくは利用希望者の数が多くなることで「経営が安定する可能性が高い」ことで、資金力に余裕が出来ることで「より多くの人にお金を貸し出せる状況になっている」というメリットがあるという事です。

という事は、やはり大手の方が利用しやすいのではないかと思ってしまうところではあるのですが、実際には「これから市場シェアを広げるために、大手で断られてしまうような人でもお金を貸す中小以下の会社」と言うものがある為、場合によってはそちらのほうが好条件で利用出来る可能性もあるので、簡単に判断できるものではないという事を知りました。 また、消費者金融系、銀行系などの種類によって関わってくる法律(総量規制)も違い、契約できるかどうかもそうですが「いくら借りられる可能性があるのか」が大きく違ってくるという事も知りました。私の場合、すぐに必要性がある訳では無いものの、総量規制の影響を受けた場合には50万円も借りられない状況になってしまうという事が分かりました。 金利が低い方が返済が楽になるという事は知っていましたが、こちらも銀行系の方が優遇されているという事を知り、最終的には銀行カードローンを利用すべく申し込みをするということになり、無事に契約することが出来ました。


ある程度柔軟性を持った判断 しっかりとした計画を立ててから