更年期障害とストレスの関係

更年期障害の症状があらわれる年代には、いろいろなストレスを感じやすい時期でもあります。
これは世界的に見ても、日本人とは勤勉な国民性で、ストレスを溜めこみやすい人種なので、更年期における更年期障害の症状が出やすいのだという研究の結果も出ているのです。

 

この症状は、男性、女性問わず言えます、ストレスを発散させてコントロールしていくことが更年期障害の症状を緩和させたり、抑えることに繋がります。

 

男女別に見た場合、更年期障害のストレスには違いがあります。

 

女性では、子育てが一段落してから孤独感や寂しさによってストレスが発生したり、夫婦関係でのストレスが溜まるなどがあります。

 

男性では、家庭、仕事からストレスがかかることがあります。この時期には、住宅ローンなどの返済が重くのしかかってくる頃なので、こうしたストレスが多いのです。

 

このような更年期障害のストレスは、更年期障害の症状を更に悪化させてしまうことに繋がります。ですので、ストレスを解消させたり、解決のための策を早い段階から練っておかなければなりません。

 

さらに、更年期障害の症状が、ストレスになる可能性もあります。
毎日、体調不良が続いていれば、このことが溜まってしまい、それが強いストレスになります。

 

現在では漢方、サプリメントなどで体調不良を治していけるようになっています。
もし症状が強く出てしまいそうな時はその前に、自分自身がストレスを溜めこみにくい体勢を作っておくことが肝心でしょう。

 

高麗人参で更年期症状の改善!

ホットフラッシュについて

更年期の時期に発生する症状の一つである「ホットフラッシュ」をご存じでしょうか?
このホットフラッシュの症状には、多汗やほてりがあります。こうした症状が起こるのは通常では精神的な動揺時や激しい運動の際であると言われています。

 

更年期でのホットフラッシュは、上記に挙げたような理由がないままに急に起こるのです。これにより日常生活に支障をきたすのです。

 

更年期でのホットフラッシュで悩んでいる方は多いのだそうです。

 

どうしてこのホットフラッシュが起こってしまうのでしょうか?
この一番の原因には女性ホルモンであるエストロゲンの減少があるのだそうです。

 

エストロゲンの作用には、血行を促進するなどがありますが、更年期に差し掛かり、エストロゲンの分泌量が減少していくと、血行が滞ってしまうのです。

 

これにより血行を促進させる力が働いて大量の血液が身体の中を巡っていくのです。
こうしてのぼせ、ほてり、多汗が急激に起こることになります。

 

更年期では腰痛、頭痛、肩凝りのような症状が起こりやすくなります。これにより強いストレスものしかかります。
こうした状況がホットフラッシュを更に強くさせてしまうことが言えるでしょう。

 

これは、自律神経が乱れて交感神経が優位になるので、血管を収縮させて血行不良に影響してしまうからなのです。

 

更年期によるホットフラッシュの症状の緩和は、自分自身がリラックスし、楽な体勢を取り、適度に休息して、ゆったりとした毎日を送ることが良いのです。