アルバイトなら申し込むカードローンの比較検討が特に大切

ローンは年収に関してはある程度柔軟性を持った判断をしてもらえる

カードローンを利用することが出来る条件は、「安定した年収があること、年齢が一定の範囲内にあること、総量規制の影響がある場合にはその範囲にあること」が必要になります。いくら利用を希望したところで、これらのいずれかもしくはいくつかの条件に反している状態であれば利用を断られてしまう可能性が非常に高くなってしまいます。 年収に関してはある程度柔軟性を持った判断をしてもらえることにも期待が持てますが、年齢や総量規制は法律による制限なども関わってくる問題ですので、年収ほどの柔軟性を期待することが出来ません。その為、まずは「自分が利用出来る条件を満たしているのかどうか」を適切に判断することが必要です。 私の場合、アルバイトでカードローンの利用を検討した時には「個人を除いて借金やローン契約をしたことが無い状態」だったので、あまり深く考えずに申し込みをしても良い状況にありました。唯一、影響が懸念される点としては「収入面」でした。 私のアルバイトでの収入は、月に10万円ほどと「一人で自立して生活していける金額」としては最低限、もしくは足りないと判断されても仕方がない状態でした。

当時、両親から金銭的援助を受けながら生活をしていたという状況ではあったのですが、あくまでもそれは緊急時などの保険として使うものであり、普段は自分の収入だけで生活が出来ている状態でした。ただ、全くと言って良いほど余裕はない状態だったため、突発的な支出が発生した時などは援助が必要になることも多くありました。 今回、私がカードローン の利用を検討した理由も、「緊急時に保険として使える手段を確保しておきたい」という思いからで、実際には契約後すぐに借り入れをするつもりは全くありませんでした。 申し込みをするに当たり、私は「どのカードローンが一番良いのか」という事を知る為、様々な商品についてメリットやデメリットなどを比較検討しました。


ある程度柔軟性を持った判断 しっかりとした計画を立ててから

カードローンお得情報

カードローン低金利の業者比較